Q&A: サマースクールに参加すると入学のときに有利?

Q: いつも有意義な情報を楽しみにしています。日本のインター7年生の息子が今年の夏、ボーディングのサマースクールに参加しました。その中堅ボーディングでは滞在中に来年入学希望の生徒向けのインタビューがあり数名が決まったそうです。名門ボーディングでサマースクールを開催している学校は少ないのですが例えばチョートのサマーに参加すればプライオリティはあるのでしょうか?

A:まずBSには二極化傾向があり倍率が年々上がっている上位校群(難関校)と倍率が年々下がる傾向のあるその他の学校群があることを知っておく必要があります。
BSの人気はアメリカ人のライフスタイルが変わるとともに年々落ちていて、学生は私立のデイスクールと公立のマグネットスクール、チャータースクールにシフトしています。
一部の難関校には記録的な志望者数があり、それらの高校には優秀な生徒が集まるのでBS全体の人気が上がっているように見えますが、実は全体的に見ると地盤沈下しているのです。
上位校の倍率は軒並み5倍を超えますが、中堅以下になると倍率は2倍もしくはそれ以下です。
当然のように集まる学生の学力も下がってしまい、それは卒業生の進路結果に如実にでます。
進路成績がよくないと寄宿してまで子供をBSに送ろうとは保護者は思いません。
学生が集まらない>>学生を選抜しない>>進路結果が悪くなる>>学生が集まらない という悪いスパイラルに陥ってしまうのです。

中堅のBSは学生を集めるためにリクルートに非常に力を入れます。サマースクール、学校説明会などはBSに興味を持っている学生、そして保護者が集まるので絶好の機会です。
その場で来年の学生のリクルートをしてしまうということは十分に考えられます。ただしそのようなリクルートメントをする学校は生徒集めに苦労しているのではないかと考えられます。その年のSSATのスコアも見ないで合格を提示するのはいかがなものでしょう。学生集めに苦労しているのではないかとかんぐってしまいます。(もちろんリクルートされる学生は大変優秀な学生に違いないのでしょうが)

ちなみに実際に学校側から入学してほしいとのリクエストが届く学生もいます。
数学オリンピックで優勝したとか、スポーツで有名な学生には学校からxxの条件で入学してほしいとのリクルート文書や電話が来ます。
これは中位校に限ったわけではなく、BSの上位校でも見られるケースです。

さて、ご質問のサマースクールに参加した場合ですが、サマープログラムに参加した生徒に入学願書を出しませんか?と誘いが来る場合もあります。
エクセターやアンドーバー、セントポールスなどもこのようなメールや電話をする場合がありますが、入学に有利というわけではなく出願したら落ちたという場合も多々あります。
チョートのケースですが、私の知っている限りではサマープログラムに参加したから入試に有利になることはありません。
リクルートの誘いはあると思いますが、選抜の上での優遇はないと思います。もちろんサマープログラムに参加したことによって本人にやる気が出て結果合格したという例は多いのでむしろ本人のやる気を出すという点でよいかもしれませんね(笑)

ちなみにこのブログで取り上げた学校でサマープログラムを行っているのは

Choate Rosemary Hall
Emma Willard (女子校)
The Governers Academy
Hotchkiss School
Middlesex School
Northfield Mount Hermon
Phillips Academy (Andover)
Phillips Exeter
St. Paul’s School
Taft School

などがあります。
いままで紹介していない学校ですがこのほかに優良なSummer Program として
Dana Hall School (女子高)
Hun School of Princeton
Linden Hall (女子高)
Peddie school

なども知られているサマープログラムです。
難関校のサマースクールを受講するには選抜があり誰でも受講できるわけではありません。
また日本と姉妹校提携をしている学校の生徒は枠があるようなので日本で選抜されれば自動的に受講できます。

桐蔭学園はChoateとExeter
成蹊はSt. Paul’s
同志社国際高校はAndover とlawrenceville
慶応藤沢とLawrencevill
などがその一例です。

広告

Q&A: SSATの点数を上げるには?

Q: 16: 子供がSSATの試験勉強を始めましたが、今から2ヶ月で90%位にするのは可能だと思われますか? 学校の成績はオールAです。

A: お子さんがSSATのどのパートで苦戦しているのかわからないので、それぞれの特徴と対策、特にお勧めの試験勉強方法について書いてみます。

語彙力、読解力を高める:
語彙、読解といったらこれ以上にお勧めの本はありません!!SSATを受ける人にも、まだ受験しない低学年にも自信を持ってお勧めできるのがこのシリーズ。

Wordly Wise 3000 Educators Publishing Service Inc.

もうこれ以上できないってくらい全力でお勧めです。 
マサチューセッツ州の学校の先生用の教材として始まったこのシリーズは以前は全8巻だったのですが、4巻増えて今は12巻になっています。
私の娘は8巻まですべてやりました。この本はワードリストといって覚える言葉をはじめにリストアップしてそれを何度も違った形で復習するようになっています。
またSSATの読解セクションのようなパートもありSSATの試験プレップには最適かつ最強です。値段も高くないのでぜひはじめてください。必ず効果が出ます。
とくに将来BSの受験を考えている小中学生にはお勧めします。少しづつでも良いので毎日勉強するとびっくりするくらい語彙力がつきます。SSAT受験まで1年あるのならばWordly wiseだけで十分です。
それ以外には多読すること。どんな分野でもかまわないのでとにかく本を読ませることに尽きます。
ゲームは友達のとのコミュニケーションでもあるので良いとしても、テレビの時間は無駄。テレビを排斥して本に取り替えましょう。

受験まであと2ヶ月ということですが、急に語彙と読解力を上げるのは至難の業です。
この場合にはこんな方法も効果があるのでは:

Word Roots シリーズ  The Critical Thinking Company

英語は語幹と接頭語、接尾語の組み合わせでできています。またラテン語、フランス語などいろいろの国の言葉の影響を受けています。
このソフトウェアは言葉を丸暗記するのではなくてその成り立ちを覚えることで語彙を増やそうというもの。
2ヶ月で3000語覚えるのは無理ですが、語幹、接頭語、接尾語の組み合わせならば覚えられるかもしれません。
また私たちが感じを編と造りである程度発音と意味を想像できるように、英語も組み合わせである程度の意味を推測できます。
Word Rootsはほぼ遊びの感覚でこれらを覚えることができます。このソフトウェアもお勧めです。ゲームの代わりに遊ばせてみてはいかがでしょうか?

Math Section:

数学は基本的に学校の勉強している範囲でほぼカバーできます。数学の得意な生徒ならばまったく準備しなくてもある程度点数が取れます。
もし数学の点数が80%以上取れないということならば学校の授業についていけていない可能性があります。一番良い方法はまず、学校の先生にBSへの進学を考えていること、SSATの試験結果が良くないことを伝えて学校のクラスで十分なアドバイスと関心を受けるようにすることが一番の解決法です。
次に数学の試験にはある程度パターンがあります。これは模擬試験を受けることである程度なれることができます。

SSATのオフィシャルガイド
そのほかBarron’s,  Princeton Review などから模擬テストが販売されていますので、おなじ問題を何度も解かせてください。
新しい問題を解くよりも同じ問題を2,3度繰り返して解かせたほうが効果が出るようです。2ヶ月あれば3冊くらいを2,3度繰り返せます。
これをすることで、2-30%は成績が上がるはずです。数学に関してはこれ以外の勉強をする必要はありません。学校の勉強をしっかりすることとテストのフォーマットになれること。これでOKです。

最後に2ヶ月で90%までスコアを上げられるかというご質問ですが、学校の成績がオールAならば数学は90%まで上げることはできると思います。8年生でGeometryを履修していないので特進クラスではないと思われますが、(学校によっては8年生ではAlgebra I しか履修できない学校もあるそうです、そうならばなおさら大丈夫)Aをとっているならば基礎的な数理の力は持っているはずです。フォーマットに慣れれば大丈夫でしょう。 ボキャブラリーを90%まで上げるのはかなり難しいでしょう。もともとSSATはアメリカ人用の試験でしかも私立中高に進む比較的勉強ができる学生向けのテストです。その学生の中で上位10%にはいる語彙力をつけるのは2ヶ月ではかなり難しいとしかいえません。先ほどお勧めした方法を試してみては?とお勧めすることくらいしかできないと思います。
上位校を狙っていらっしゃるとのことですが、それならばこのような戦略をとることをお勧めします。

1)数学セクションでできるだけ高得点を取れるよう集中的に数学を勉強する:数学は短期間で点数が上がります。問題にパターンがあるためです。また数学で99%くらいまで取れると、Totalのスコアで語彙、読解が低くてもTotalスコアを大きく引き上げてくれます。とにかく数学でできるだけ高得点、できれば95%以上を取れるようにがんばりましょう。
2)語彙はWord Rootsで語幹を勉強する。それ以外は無視。
3)リーディングはSSATの参考書の読解パートを一通りこなしておく。

Quantitative: 95%

Verbal: 80%

Reading: 80%

が目標です。Totalで90%近くまで行くはずですよ。

以上です。これはあくまでも2ヶ月間の集中バージョンです。来年以降の受験ならば語彙、読解に力を入れるべきで算数などは学校の勉強で十分、できれば数学はきちんと理解ができているか確認するためにもTutorをつけることをお勧めします。

プレゼント応募ありがとうございました

多数ご応募いただきありがとうございました。
受付を締め切らせていただきます。
当選者にはメールでご連絡させていただきます。
また機会を見て同じようなプレゼントを企画したいと思います。
よろしくお願いいたします。

ハートフォード市内でデイスクール化が著しい:Loomis

コネチカット州ハートフォード市内に位置するルーミス。この学校もミルトンアカデミーと同じくデイスクール化が激しいBSです。現在、在宅と寄宿の割合は49%:51%。去年まではちょうど50%だったらしいのですが、今年は寄宿生を少し多めにとったようです。半ばデイスクールと化しているので在宅生と寄宿生の差が多少見らるので注意が必要です。
毎年180人ほどの新入生があり、そのうち9%が留学生。つまり毎年90人の寄宿生のうち16~18人が留学生です。デイスクール化が激しい学校はどうしても留学生の割合が低くなります。学力や資質による競争が激しくなるわけではありませんが、入学できる枠が小さくなるのでこの点にも注意が必要でしょう。

ルーミスは300エーカーという広大なキャンパスでありながら市内に位置しており、近くにはアムトラックのWindsor駅があるためハートフォードの中心地に出るのにものすごく便利です。森の中のBSと比べるとより都会的な生活を送ることができます。ここの学校は土曜日に授業がないので週末に遊びに行くことも簡単です。

ルーミスはとても良い学校だと思いますが、進路成績があまり芳しくありません。テンスクールスの下位校のなかでもすこし見劣りします。学業成績が良い生徒は在宅生に多くいます。寄宿を希望する学業優秀な生徒は多くが他のBSに流れてしまっています。今後もLoomisは寄宿生は取りながらもよりデイスクール化していくのではないかと思います。 

都会に近い環境でのびのびと勉強してほしいと思う保護者の方たちにはよい選択だと思います。

こじんまりとしてアットホーム:Groton School

グロートンスクールはボストンの北西25マイルのグロートンという小さな町にあります。森に囲まれ自然豊かなキャンパスであることはボストンよりもずっと田舎にあるディアフィールドと同じですがボストン市内まで車で40分ほどで出ることができます。ボーディングスクールの中では比較的大都市に近い場所に位置しているといってよいでしょう。
セントポールスと同じくエピスコパル教会系の学校ですがどの宗教に属していても進学することができます。しかし歴史的には非常に排他的な学校であるといわれていた時代がありいわゆる富裕保守層の子弟教育の場として機能していました。

キャンパスに足を踏み入れると非常に特徴のある建物の配置に気がつきます。多くのBSのキャンパスは真ん中に四角いヤードがありそれを囲むように建物が建っています。グロートンのヤードは円なのです。その円を込むように建物が建っています。その中でもひときわ目立つのが小さいながらもとても美しいSt. Johnsチャペル。グロートンのシンボル的存在です。そのデザインもあってとても美しいキャンパスでありながらこじんまりとしてアットホームな雰囲気があります。
実際にグロートンはとても小さな学校です。
通常のBSと異なり8年生から学生を預かっているにもかかわらず、全校生徒数は350人。アンドーバーやエクセターの3分の1。毎年の卒業生の数は80人前後と学生同士の距離も教師とも距離も近い学校といえるでしょう。 ルーズベルト大統領を輩出したグロートンは学業も非常に優秀です。小さいながらも毎年多くの卒業生をハーバードをはじめとした名門大学に送っています。学生数が少ないですから数は少ないですが毎年コンスタントに5~6人はハーバードに進学します。卒業生は80人くらいしかいないので他校と比べてもこれはかなり高い割合といえます。
小さいためスポーツなどはあまり強いとは言えませんがしっかりと勉強したい、アットホームな環境が好きであるという学生には向いていると思います。
グロートンの近くにはAyerという鉄道の駅があり約1時間でボストンに行くことができます。休日にボストンに出ることも難しくありません。

別世界のセントポールスクール

ニューハンプシャー州のコンコードにあるセントポールスクール。名門ボーディングスクールの中でもアンドーバー、エクセターと並んで「御三家」といわれている学校です。もともとエピスコパル教会系の学校で無宗教のxxアカデミーとは異なり宗教教育が組み込まれています。とはいえ入学する子供たちのほとんどはエピスコパル教会へ通う子息ではなく学校は幅広く門戸を開いています。

セントポールスクールにいって驚くのはまずその敷地の広さ。2000エーカーあり、比較的大きいといわれているアンドーバーやエクセターの4倍の広さ。それでありながら全校生徒数は600人弱。(アンドーバー・エクセターは1100人くらい) 信じられないほどの豊かさです。施設もとても充実しており最新のスポーツセンターには屋内アイススケートリンクが2面。屋内プールはもちろん最新のトレーニングジムなどため息が出そうです。湖に面した図書館。美しい教会。ディズニーランドに迷い込んだかのようなチャーミングなレンガ作りの建物はまるで別世界。テーマパークのような様相です。いままでいろいろなBSを見ていますが、その広さと美しさ、設備の充実度ではセントポールスに勝る学校は少ないと思います。

設備だけではなく教育も充実しています。セントポールスのIVY進学率は10スクール中トップ。学年あたりの生徒数も少なめなので決めの細かい教育を提供しています。歴史的にもいわゆる超富裕層のための学校として機能しており、家柄のよい子供が集まることで知られています。(セントポール、グロートン、ミドルセックス、セントマークス、セントジョージスのエピスコパル教会系の学校はイギリスのパブリックスクールの流れを汲んでおり排他的で格が高いと考えられています。これに対して Andover, Exeter, Deerfield, Milton などのアカデミー系はピューリタンの流れを汲んでおりより庶民的な位置づけです)

この学校を訪問するとため息をつかずにいられないと思います。こんなところで勉強していたら、日本に戻れないだろうな~~

Q&A ボーディングスクールの競争倍率はどのくらい?

Q:名門ボーディングスクール(特にDeerfield)の入学倍率はどのくらいなのでしょうか?

A:ここ数年は名門BSへ入学志願者の増加傾向にあり倍率が高くなってきています。ただしこれは一部のトップスクールに対してであり、BS全体の競争率は低下してきています。

さて09年もっとも倍率が高かったのはご質問のあったDeerfield Academy でした。
出願総数は2076人、合格者325人、合格率は16%です。
合格者のうち220人が進学しています。

Deerfieldはとくに女生徒に人気が高い学校です。マサチューセッツ州の中部にあるのですが、Deerfieldの町の雰囲気がものすごくかわいいです。私も訪問したときは一目で気に入りました。歴史公園の中に住んでいるかのようです。また規模も大きすぎず、小さすぎず。学業も運動も非常に高度でありながら家庭的な雰囲気もあります。訪問してみて人気が高いことに納得しました。

一般的にトップスクールの合格率は20%前後。倍率は5倍くらいです。
トップ20以下の学校は2倍前後です。