奨学金・FAを申請する

学費を払う

ボーディングスクールの学費もほぼ同じ3万から5万ドルかかります。約60-70%の入学者は学費を全額払います。残りの30-40%は何らかの形で学校からの補助を受けています。 現金で払う場合、2回に分けて払います。7月1日までに学費の半分、そして残り半分を11月1日までに払い込みます。 そのほか学校によっては毎月の支払いや3ヶ月に1度の支払いを認めているところもあります。外部の業者と契約して毎月の支払いに変更することも可能です。(利子なしで分割払いが可能、詳しくは合格したら学校が資料を送ってきます。)詳しくは入学契約書を交わす際に決めることができます。もちろんあとで変更することも可能です。また一年分の学費を年初に全納する場合、うまく交渉すると学費を5-10%減額してくれる場合もあります。 お父さんの腕の見所です。(もちろんそのようなことはウェブサイトにも合格書類にも書いていませんが、交渉可能です)

ファイナンシャルエイド(FA)を申請する

ボーディングスクールは大学の入試改革を流れを受けて幅広い層からの受け入れをするように変化してきました。富裕層しか受け入れていなかった30,40年前とは違い今ではさまざまな層からの入学者がいます。アメリカの平均的な家庭あたりの所得は4万ドル程度ですから一般家庭ではとても子供を送ることはできません。またある程度の富裕層でも複数子供がいるとその負担は大きなものです。結果所得が20万ドル以下の家庭にはファイナンシャルエイド(FA)が受けられます。 FAを申請する場合、次の手続きが必要です。

① Applicant Information Formを提出する際”FAを申請する”欄に丸をつける

② 学校が送ってくる入学願書一式に私立学校の団体The School and Student Service for Financial Aid (SSS) のParents’ Fianncial Statement”(PFS)フォームが同封されてきます。また、PFSは学校のHPの”Applying Financial Aid”からもダウンロードできます。

③ PFSを記入します。PFSには紙のフォームとインターネットで申請できるオンラインフォームがあります。日本から出願する場合はオンラインフォームのほうが便利でしょう。なお申請には$20ドルのフィーがかかります。低所得者層の場合、学校に連絡すると$20ドルのフィーを減免してくれる場合があります。

④ PFSは学校の願書締め切りまでに提出します。エグゼター校の場合1月15日までにPFSを提出します。期日に間に合わないとFAを受けられません。PFSの申込書には出願する学校を記入する欄があります。受験する学校のコードを入力します。一度に何校でも応募できますのでPFSは一部作成するだけでOKです。

⑤ PFSを記入した後は給与証明と確定申告書を学校に郵送します。これはそれぞれの学校に一部ずつ送る必要があります。直近の給与証明と確定申告書がまた作成できていない場合は前々年の分を1月15日までに送ります。2月10日までに前年の給与証明および確定申告書を送ることが望ましいとされています。

注意)PFSの記入方法は非常に複雑で特殊です。前年の収入だけでなく、来年の収入の予想や、ビジネスオーナーの場合、不動産収入がある場合、持ち家の資産価値、乗っている車の種類などかなり詳細な設問があります。かなり慣れていないと難しいので、助けが必要な場合はコメント欄にその由ご連絡ください。

注意)学校によっては留学生にはFAを支給しない学校があります。FAのポリシーは毎年変わるので学校にお問い合わせください。

注意)ファイナンシャルエイドで受けとった学費は子供の「収入」となります。たとえば3万ドルのFAを受け取ったら3万ドルの収入があったとみなされ翌年税金の支払い義務が発生します。詳しくは税理士にお問い合わせください。

奨学金をうける:

ボーディングスクールの中には学術奨学金を支給している学校もあります。たとえばNeed Blindのエグゼターやアンドーバー、SPSは学術奨学金はなく、合格した場合必ずファイナンシャルエイドをうけることができます。たとえばChoateはNeed Blindではありませんが学術奨学金の制度があります。全額奨学金から数千ドルまで幅があります。これらの奨学金には申し込みをする必要はなく、学術に優れた学生を学校が自動的に選抜します。合格通知と一緒に知らせが来ます。