出願から合格までのプロセス

英語を使ってボーディングスクールへ出願するのは大変だとあきらめていませんか?

留学コンサルタントに法外なフィーを要求されて驚いたことは?

出願プロセスは意外と簡単です。私の娘のボーディングスクール受験に際してコンサルタントの助けは全く受けることはありませんでした。また3校に出願しましたが、かかった費用はアプリケーションフィー$150($50x3校)、SSAT受験料$105、SSATのテストブック$40、郵送費5ドルで、3校あわせた受験料は合計$300だけでした。(注:面接のための旅費は含んでいません、私たちはアメリカに住んでいるので車で行ったためガソリン代だけだったので) 日本からでも一校あたり$150もかけずに出願できます。

もしボーディングスクール受験を考えているのならば、コンサルタントに任せるのではなく、ぜひご子息とこの出願プロセスを一緒に経験してください。プロセスを通じて学ぶことが多くありますし、なにより本人の経験にも勉強にもなります。そしてそれは4年後にとても役に立ちます。なぜならアメリカ大学受験のときほとんど同じプロセスを経るからです。家族が一緒に経験することにより子供の将来を考えるとても良い機会にもなります。ぜひ自分で願書を出してみましょう。

このブログブックではそれぞれのステップについてphillips Exeter Academy に出願するというケースを使って説明します。他校を受験する場合もほとんど同じですので参考になると思います。