Q&A: 学習言語を英語にしておかないと名門ボーディングスクールへの進学は無理ですか?


Q: 学習言語を英語に決める決断をしないと、名門ボーディングへの可能性は ほとんどないといったご見解でいらっしゃいますでしょうか?

A:  いえ、かならずしもそうではありません。実際母国語は日本語で外国語として英語を学んでBSに留学している学生は少なからずいます。子供の能力って考える以上にすごいです。
学習言語が日本語のである場合、第2外国語としてかなり英語ができる状態でなければ入学することは困難であるとは思いますが、例外的に言語能力がある学生もいます。ですので紋きりに「だめである」とはいえません。

しかしながらトップBSの留学生(特にアジア系)を見てみると、インターナショナルスクールもしくは帰国子女の割合が多いように思います。それ以外では提携校からの方も若干名いるようですね。
BSの授業は少人数で発言する機会が多い上、読書スピードと読解力が求められることから、英語が学習言語であることが望ましいことは間違いないと思います。 また将来名門大学への進学を考えてのBS留学ということならば成績を高く保っている必要があり、子供さんの負担は非常に大きいものです。
そういえばSt. Paulの優等生のなかに日本の成蹊からの留学生がいたと覚えています。 彼女は日本語が学習言語だったと思います。 例外的にこのような方もいらっしゃいます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。