Q&A FAは子供が複数いる家庭に配慮はありますか?


Q: 日本から送り出す感覚ですと、所得20万ドルがBS留学を考える際の分かれ目になっているようです。ただ、所得が20万ドルを少し上回る程度ですと、子どもが一人でしたら問題ないと思いますが複数いると経済的にやや厳しい気はします。
奨学金で、子どもが複数いる家庭への配慮というのは一般的にありますか?

A: 子供が複数の家庭に対しての配慮はあります。

学校にFA付の出願をすると学校からFAについての説明の書類が願書と一緒に届きます。通常それには表がついており、x軸子供の数、Y軸収入で全体で何人 がFAを受け、それぞれがどのカテゴリーに属しているか説明されています。 たとえばチョートの場合、2007年度は20万ドルを超えている家庭でも5家 族がFAを受けています。いずれも子供が3人以上の家庭でした。

ファイナンシャルエイドには”demonstrated need”という条件がついている場合がほとんどです。FAを申請した側が「これこれこういう理由でいくら足りません」ということを学校側に伝え、学校が それを考慮したうえで最終的なFA額をきめます。たとえば5人子供がいる家庭ならば20万ドルでも足りないでしょうし、一人ならば20万ドルを超えなくて も大丈夫かもしれません。また障害があったり、失職したりなどという家庭の状況もDemonstrateできます。 また、妻が仕事をしていない場合は FAの対象から外れてしまう可能性もありますので、FAを受ける予定があるのならば一年位前から仕事をしていることが望ましいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。