Q&A: BSの楽しさの情報はどうやって得るのか?


Q: BSでは学習力が多く休日も遊ぶ暇はほとんどないと聞いています。 子供に楽しい高校生活を送ってほしいのですが、学校の楽しさの情報はどのようにして入手できますか?

A:   アメリカの高校は名門ボーディングスクールに限らず、普通の公立高校でも宿題、課題が多く、睡眠時間を削ったり、休みに遊べないことが多いのです。アメリカ人の子供でさえ時間が足りないというのですから、留学生ならなおさらです。 また、BSでは勉強だけではなくて、スポーツ、ボランティア、コミュニティサービス、楽器と習い事や社会への参加も義務付けられていますからどうしても睡眠時間と遊びを削ることになってしまいます。 アメリカでも勉強量の多さは問題であるとしてメディアが取り上げることもありますが、全体的には肯定的です。

アメリカの高校(私立公立に限らず)留学する場合は厳しく勉強と活動を要求されると考えたほうがよいと思います。遊びのための時間を捻出することは難しいでしょう。
楽しさをどこに求めるかは学生の気の持ち方であるとしかいえません。
学生たちは厳しい時間管理の中にも、友情を育み、楽しみを見つけているようです。
その中で楽しさの目安としては科目数と学校の大きさ、授業以外のイベントがあげられます。
通常BSでは100以上の専門科目から好きな科目を選ぶことができます。
大きなBSでは250以上のコースがあります。好きな科目の勉強をすることで学びながら遊ぶことができます。
また、小さめの学校ではすべての生徒の顔を覚えることができ、団結している傾向が大きいです。
この年代の学制は友人がとても大事です。小さめの学校の卒業生はほぼ全員、学校が小さかったことが
よかったと話しています。
最後にイベント。ほとんどBSではスポーツイベント、季節のイベント、外部講師を招いたイベントなど多くの課外イベントを提供しています。学校のHPにイベントの紹介が載っていますので目安になると思います。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。