エッセイを作成、提出する(10-11月)


エッセイはボーディングスクール入試の要です。いかに自分を上手に売り込むことができるか、受験生のコミュニケーション能力、作文力が試されます。学校の成績やSSATで卓越した成績ではなくても良く書かれたエッセイを提出できれば合格する場合があります。エッセイは数人の入試試験官の間で数度まわし読みされます。学校側にとって2000人以上のエッセイを読むのはとても大変な作業ですが、少なくとも数人の試験官が読んでいます。 細心の注意をはらいつつも大胆に構成して読む側に好印象を与えることができるエッセイを作りましょう。

通常エッセイは手書きですが、学校によっては同じ内容をタイプして手書きのエッセイと同封の上提出することが要求されます。字数制限がある場合とない場合がありますが、字数制限がない場合でも指定されたエッセイのフォームに書ききれる範囲での提出となります。 エグゼター校の場合、エッセイフォームの前面と裏面に書ける範囲との指定されています。最近は要求されるエッセイの分量が減る傾向があります。以前は5,6題のエッセイ提出が要求されていましたが、最近では少ないところでは1題だけ(Choateなど)のところもあります。その代わり中学在学中に書いた論文(学校によって採点済み)の提出を義務付けています。

エッセイの質問は毎年変わります。また他の学校でも同じような設問がされる場合も多くあります。5つくらいのお題があり、その中から2,3題をえらんで答えるというのが一般的です。エッセイの内容をサポートするような資料をつけるのも効果的です。(たとえば音楽が上手な生徒ならばそれに関するエッセイを書き演奏のCDをつける。 課外活動で表彰されたことがれば新聞記事のコピーを載せるなど、想像力を働かせてユニークなエッセイをつくると良いでしょう。 ビデオ、音楽CD,コラージュ、絵画などエッセイの題材を補完するものを同封するようにと要求されているものもあります(Hotchikiss 2009)。エッセイの作成には通常1ヶ月くらいかかります。文法や語法のチェックなども第三者にしてもらうことも考えると遅くとも11月までには書き上げたいところです。

ボーディングスクール入試において留学コンサルタントの助けを請うとすれば、エッセイ作成のサポートがもっとも効果的です。いままでの合格者のエッセイの作成例などを抱負にもっているコンサルタントに協力を得るのが良いでしょう。日本のコンサルタントもよいですが、エッセイに特化したコンサルタントもいます。一時間$150ドル程度のフィーで見てもらうことができます。エッセイのテクニックについてはこちらに記載しました。

エグゼター校の指定のエッセイのフォームはこちらからダウンロードできます。

今年のエグゼター校のエッセイのトピックは:

  1. あなたの好きな言葉はなにですか?なぜ好きなのですか?
  2. あなたが情熱を持って取り組んでいることや活動は何ですか?
  3. あなたの好きな歌は何ですか?またなぜ好きなのですか?
  4. あなたが難しい・成功した・打ちのめされたと感じたのはどのようなときでしたか、またそれをどのように対処しましたか?
  5. あなたにとって大事な事柄について書いてください。

のなかから2つを選んで書くというものです。

回答例のサンプルは以下。

2, あなたが情熱を持って取り組んでいることや活動は何ですか?

Music is an activity that both soothes and excites me. When I hear or play Chopin, the melodious, flowing arrangements soothe me. His melodies are intricate and haunting, and they touch my soul. They also stimulate me since they are physically and mentally challenging to play and interpret. Whenever I play Faure, I am always able to relax. His songs are natural and easy to play, since I do not need to contort my body to accommodate the piece. The phrasings and fingerings are very calming. Because of my love for music, it became an imperative and inexplicable part of my life.

Music speaks to me; it is a big part of my life and day. From the age of five, I began piano; it quickly became part of my life. My daily practices were not chores, but delights. It built my confidence and the expressive side of my nature. It allowed me to express my feelings when words could not. In fourth grade, I started playing the flute in addition to my piano. The high airy sound of the flute appeals to my feminine, delicate side. Also, it introduced me to the world of band and orchestra. In sixth grade, I added to my repertoire of instruments; I started learning how to play the violin.

Music introduced me to many new people and experiences that I would never have had otherwise. Due to the flute and violin, I met many like-minded music-inclined people in band and orchestra; we were able to swap anecdotes and share experiences with music. The piano allowed me to experience the joy of competing against others. My instruments have brought me much joy and friends.

Also, learning so many instruments improved my musical diversity; I play an instrument from the percussion section, woodwind section, and the string section. Music allowed me to fully develop my hearing and sense of touch. Though playing multiple instruments, I have begun to appreciate all types of music and the significance of music in our world; it is a way of global communication.

Music allows me to be passionate, and it is an outlet for emotions and feelings that otherwise I would not be able to express. It changes my mood and attitudes like the cycle of a day and the changing of the seasons. Music tickles me to laughter, entices me to tears, and brings me to relaxation. Through my music I have learned a global language that connects me to the past, present, and future. Music completes me.

3、あなたの好きな歌は何ですか?またなぜ好きなのですか?

“xxxxx” is a  pop song which emphasizes friends who have overcome challenges and have come a long way from the beginning of their friendship. The song’s main theme is truth; it is a well fitting theme as “xxxxx” means “truth” in Japanese. These two ideals, truth and friendship, are two of the things I hold most dear. Also, “xxxxx” is a song that connects me to my friends. Both my friend and I loved this song; even though we are now parted, we still listen to “xxxxx” and remember the days we spent together. “xxxxx” sends an important message of sticking with friends through thick and thin. It shows that friendship is not one-sided; both people are enriched by the relationship. Friendship is not necessarily always easy because there are hurdles that one will have to jump over to prevail. Like anything, good friendship takes work.

“xxxxx” is also my favorite song because of its musical aspects. The melodies interlock and weave and utterly charm the listener. The voice is also heartbreakingly sweet; a perfect mix of breathy and assured. The counterpart is flawlessly executed; it entwines with the melody and forms the stunningly beautiful “xxxxx”.

“xxxxx” is a song that is special to me, and it will always have its own place in my heart. Its universal theme of friendship and trust is gold to me.

注)楽曲の名前はxxxxxとして伏せてあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。